らんどくなんでもかんでもR

はじめまして。文学や美術、音楽、そして猫のブログをしています。 よかったら、のぞいてみてくださいね。 Nice to meet you. I write about literature, art, music, and cats.

【閑話休題】41・9℃の熱の中で垣間見た世界

 

自分はインフルエンザになりまして、今は復調傾向なのですが、

今回は免疫が下がって少々重症化してしまいまして、40℃以上の熱が2日くらい続きました。

それでたまらず病院で点滴を打ってもらっていたのですが、

その時、最高の41・9℃を記録しました。

その際、点滴を受けながら夢かうつつかの状態で見た鮮明に覚えている映像のスケッチ。

 

 

自分は人気(ひとけ)のない建物の外壁に置かれている石の椅子にうつむき加減に座っていました。


f:id:motanmozo:20191115061234j:image

頭まですっぽりかぶる修道僧のような、まさにこんな感じの服を着ていて、

自分はフードを深めにかぶりながら、ひたすらに浅く薄く呼吸を繰り返していました。

 

まわりはしんと静まり返って自分の呼吸する音だけが聞こえる世界。

真夜中の冬だと思います。

 

本当に静かで、あたりは人の気配が全くせず、まるでジョルジョ・デ・キリコのような世界でした。


f:id:motanmozo:20191115060349j:image


f:id:motanmozo:20191115060645j:image

 

ふと右の方に視線を動かすと、ゆるい上がり坂になっており、

そこの先からまばゆい白い光が発せられていて、自分のいる方まで照らしています。

なんだろう?とは思ったものの、石畳を上って行く気にはなれず、

そのまま座っていると、

ふいに女性が自分を呼ぶ声で、その景色は雲散霧消し、現実の世界に。

 

高熱で朦朧としていたのですが、その中でくっきりと記憶に残っている不思議な世界。

見ていたのは一瞬だったかもしれません。