らんどくなんでもかんでもR

はじめまして。文学や美術、音楽、そして猫のブログをしています。 よかったら、のぞいてみてくださいね。 Nice to meet you. I write about literature, art, music, and cats.

【映画】マリー・アントワネット

 

 


 
 
 

公開当時、巨匠コッポラ監督の娘ソフィア・コッポラの作品として注目をあびた作品。
たくさんのものオシャレな靴やファッション、スイーツの数々などが話題になりました。

こちらがその予告編なのですが、
https://www.youtube.com/watch?v=IywBcCwfW8w
ポップな音楽に乗って、とても贅沢で華やかな雰囲気が描かれています。

しかしながら、映画の評判はかんばしくなく、
ヤフーの映画レビューなども散々で、ほとんどが星1つか2つ。

まるでフランス革命時のマリー・アントワネットの世評そのものです(^_^;)

しかし、自分は数あるマリー・アントワネットを描いたものの中で、
確かに少々品がない感じは否めませんが、この作品は悪くないと感じました。

マリー・アントワネットは、当時の強大国オーストリアから、14歳でフランス王家に嫁入しました。
しかし、その結婚生活は、今までのたくさんの兄弟などの家族に囲まれた、
賑やかで華やかな生活とは全く異なるものでした。
実家のオーストリアから連れてきたペットの持ち込みを拒否され、慣れ親しんできた召使も送り返され、
挙げ句、下着など身につけるものまでフランスのものを強要されるなど、
全て一切をフランス風生活に強制され、
彼女の自由になるものは何一つとてありませんでした。

頼りにするべき夫ルイ16世も自分の趣味に閉じ籠る、気の弱い青年であり、
また彼の身体的理由から、結婚当初、性的能力にも問題があり、
夫婦としてのコミュニケーションは疎遠で、
決して彼女の心を満たすことはできなかったのです。

二人の心が通じ合ってなかったのは、
並んで座った毎回の食事のシーンに象徴されています。
お互いに顔を向き合うこともない、会話もない、
ただ黙々と並んで食べ物を口に運ぶだけの味気ない食事。
それは極めて形式的な儀式のようなもので、心通い合う楽しいものではなく、
彼女は、広い広いベルサイユ宮殿の中で、一人きりだったのです。

オーストリアの王に即位した兄に実情を訴えますが、
嫁ぎ先に従えというばかりで、全く彼女の心を汲み取ろうとはしません。

その結果、彼女は自らの心の隙間を埋めるために、様々な豪華な贅沢に走ります。
それが、いわゆる予告編でちりばめられた、
たくさんの靴やドレスやスイートなどなどや、賭け事や舞踏会などで遊びほうける毎日。

しかし、それらは、彼女の空虚な心を満たし得るに足りるものだったのしょうか。
そうではなかったと自分は感じます。
いわば、それらの物は「刺激」であり、
刺激は一時的に虚ろな気持ちを忘れさせてくれるものであっても、それは恒久的なものではありません。
刺激の恐ろしいところは、その麻薬のような常用的な性質にあります。
刺激でココロを満たそうとすればするほど、
さらに大きな刺激が必要となり、心を一時的にしろ、埋めてゆくには、
どんどんと無意味な刺激が大きくなってゆくことになるのです。

マリー・アントワネットが収集した贅沢品の数々。
映画の中で、ポップな曲に乗って、次々と映し出されてゆきますが、
却ってそのきらびやかさ、華やかさが仇花(あだばな)に感じるといいますか、
見ていてそんな感じがしてしまいます。

もし、これが17世紀であったなら、このまま終わっていったのかもしれませんが、
時代は大きく変わろうとしており、世の中はフランス大革命勃発前夜の騒乱状態でした。
宮殿の外の世界には、まったく無関心であったマリー・アントワネットは、
その現実をいきなり突きつけられます。

しかし、このとき、マリー・アントワネットは、
初めて夫ルイ16世の苦悩というものを知ります。
先代の偉大なルイ15世、そして太陽王ルイ14世に比べ、王として明らかに器量の劣るルイ16世は、
それに悩み、それをいかんともしがたく、自分の殻に閉じ籠るようになっていたのです。
しかし、民衆の蜂起により、震え、怯えながらも、
王として初めて毅然とした態度を示そうとするルイ16世
その時はじめてマリー・アントワネットは夫ルイ16世とともに生きる決意をしたのです。
そして、ベルサイユ宮殿からパリに連れ戻されようというシーンで映画は終わります。

レビューを見ますと、終わり方が中途半端という意見がかなりの数ありますが、
自分的には全く中途半端ではありません。
むしろ、今まで満たされない、自分のことばかり考えていた生き方から、
夫を思い遣り、寄り添い、共に歩んでゆこうと生き方を変えた瞬間。
そこで映画は終わっているのです。
完結していると思います。
後のことはその流れの中のものにしか過ぎない。と自分は思います。


なお、それでも、物足りないという方のために、
マリー・アントワネット最後の様子を少しだけ記します。

映画のラストから数年後、マリー・アントワネットはギロチンで処刑されることになります。
既に夫ルイ16世は処刑されていました。

こちらの絵はマリー・アントワネットが粗末な馬車に乗せられて、
処刑場に向かう姿をある画家がスケッチしたものです。






そして、こちらは死刑判決直後、処刑当日朝に書かれたといわれている直筆の遺書。




こちらの遺書は数奇な運命を経て今に伝えられているものです。
時間が無かったのか、最後の結びの言葉が書かれていません。

こちらの方の翻訳が非常に分かりやすいため、添付させていただきました。
http://fleurpink.exblog.jp/15962930
まさに処刑されようとしているマリー・アントワネットの心情がどのようなものであったのか、
ぜひ御自身の目でぜひ確めていただければと思います。